種類による体験入店の違いについて

体験入店といっても全て同じではありません。

風俗の仕事内容によって体験入店の種類も違います。

体験入店の期間は?

juyfjtys-150x150
体験入店の期間は、だいたい1回から5回程度となっています。回数で指定しているところもあれば、1日といったように日数で指定しているところもありますので、さまざまです。回数の場合はお客さんへの接客回数と思っておくといいでしょう。体験入店といえども、他の既に働いている女性と仕事の内容はちがいません。職種による内容の違いはあります。

職種による体験入店の仕事内容の違いについて

職種によって仕事内容が違っています。まずガールズバーの場合はカウンターの中に入って普通にスタッフと同様に接客をすることが体験入店となります。そしてキャバクラの場合は、キャストのヘルプとして入りますので、一人ではまだ接客はしません。デリヘルも、同様に体験入店はあります。デリヘルの場合は、新人の女性ということではたらくことが大半です。ソープランドの場合は講習をまずは受けた上でその後普通に新人扱いで働きます。

特徴について

乾杯系と言われているお酒を飲んで接客をする仕事の場合は体験入店ではキャストと同じように働くことが大半ですが、デリヘルなどの風俗系の仕事は、新人として働くことが多いようです。新人は氏名をすると少し割引になるという料金システムを用意しているところも多いので、男性からの指名が増える可能性があることも覚えておきましょう。

体験入店はそれぞれの店の特徴、職種によっても違いがあります。どの体験入店でも同じですが、スタッフもいますので、スタッフがどのように仕事をしているのか、仕事ぶりを確認すると今後の参考になるでしょう。
風俗で働くにあたって風俗1本で働こうと思っている人はいればWワークをしようと思っている人もいるでしょう。

ここではダブルワークとして働く働き方について見ていきましょう。

ソープランドは融通がきく

もし風俗で掛け持ち、Wワークで稼ぎたいと思っている人がいるのであればソープランドがいいでしょう。なぜならソープランドは24時間営業しているところが多く、デリヘルよりは融通がきかないかもしれませんが以外に時間的な融通がきくからです。キャバクラの場合は18時以降からしか働けない、昼間は働けないなどの制約がありますが、ソープランドの場合はそうではないからです。

デリヘルも働ける

vrtrs-150x150
Wワークとして働くならデリヘルも同じです。デリヘルはさらに融通がきき、お客さんから連絡が入れば行けるので、24時間体制で運営している店も多いのです。そのために意外と風俗で掛け持ちをしている、Wワークをしているという人はデリヘルで働いている人が多いことが特徴です。

Wワークで働いているのはどんな人?

風俗をWワークとしている人はOLや派遣社員の人など多くの人がいます。普通のOLさんの場合9時頃から仕事が始まって、残業がない場合は18時には終わるでしょう。その後1人、2人相手するだけでも数万円もらえるので、1ヶ月にして10日も働けば本業を抜く勢いなのです。そのために何らかの事情を抱えている人で本業をしている人もWワークとして働いている人は多いのです。10日も働かなくてもいいという場合は、最低出勤回数をチェックした上でどの程度働けばいいのか逆算して働いています。

これから風俗で働こうと思っている人でWワークになる人は、どの職種ならWワークしやすいのかということを事前に調べた上で体験入店時からWワークのスタイルで試してみるといいでしょう。
体験入店が出来る風俗求人なら【高収入ドットコム】稼げる体入速報はコチラ!