体験入店と志望動機について

風俗の面接、体験入店時に志望動機はほぼどの店でも聞かれると思います。

志望動機はなんて答えるのがいいのでしょうか。

風俗で働く志望動機は?

これは人によっても違いますが、風俗で働きたいと思っている女性の志望動機の大半がお金です。お金以外の理由で純粋にほかの志望動機があるという人はほとんどいないでしょう。ではたとえお金だったとしても高収入を得たいからとストレートに伝えても良いのでしょうか。実際には風俗店で働く場合には志望動機というのはお金と答えても問題ありません。

結論がお金なら良い

ストレートに最初からお金というよりは、結論、結果的に志望動機がお金なら大丈夫でしょう。面接をする側も、風俗を経営している側も、女性がお金が欲しくて風俗で働いているのだということくらいはわかっているでしょう。普通の会社やアルバイト先のように、志望動機が不純だからといって採用されないことはありません。もし何故お金が必要なのかと聞かれた場合に、正直に伝えれば、それが志望動機として十分だと判断されれば採用されるでしょう。例えば引越ししたいけどお金がないとか、学費を稼ぎたい、海外旅行に行きたい、海外留学をしたいとか、人によりお金が必要になる理由は違いますが、ストレートに伝えればいいでしょう。

なぜ志望動機を聞かれるのか

なぜ風俗店で志望動機を聞かれることがあるのでしょうか。それはその人の性格を知りたいと思っているからです。人柄なども志望動機を知ることでわかるからです。

志望動機をわざわざ嘘をつく必要はありません。お金がほしいから働く、それで十分なので、そのままを伝えるようにしましょう。お金が欲しいと伝えたからと言って不採用になることはありません。

関連する記事

次の記事: を読む »